操作に対する動きが自然、カローラスポーツ…桂伸一【日本カーオブザイヤー2018-19】

©株式会社イード

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラスポーツ

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの桂伸一氏はトヨタ『カローラスポーツ』に10点満点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、XC40が363点でイヤーカーに選ばれた。カローラスポーツは次点での314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された桂氏のコメント。

☆☆☆

自動車として操作に対する自然で忠実な動きが優れている。操縦性と安定性レベルの高さ。内外装を含むデザインの個性と質感の高さ。ダウンサイジングとハイブリッドの、どちらも優れた動力性能を有するパワーユニットを組み合わせた、トータル バランスが素晴らしい。世界に販売するモデルとして、世界の強豪ライバルとまさに堂々と渡り合える能力を高く評価する。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:10点

マツダCX-8:3点

三菱エクリプスクロス:4点

アルファロメオ・ステルヴィオ:2点

ボルボXC40:6点