田辺美術協会が小品展 10日まで紀南文化会館で

©株式会社紀伊民報

 田辺美術協会(岩峪賢次代表)の第64回小品展が8日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で始まった。会員の作品142点を展示、販売している。10日まで。入場は無料。

 収益の一部を自然保護団体などに寄付する目的で毎年開いている。田辺市教育委員会、紀伊民報など後援。

 会員44人が風景や静物、人物などを個性豊かに描いた油彩、水彩画、日本画、クロッキーを出品。作品は全て10号以内で、一部の非売品を除き価格は1点3万円。

 開場時間は午前9時~午後5時(10日は午後3時まで)。

【朝から多くの人が訪れた田辺美術協会の小品展(8日、和歌山県田辺市新屋敷町で)】