北朝鮮外相がモンゴル訪問

国交70年、米朝対話支援も

©一般社団法人共同通信社

 【北京、ウランバートル共同】北朝鮮の李容浩外相は8日、モンゴルの首都ウランバートルを空路訪問した。9日まで滞在し、ツォグトバータル外相と会談する。10月に国交樹立70年を迎えた両国の関係拡大のほか、地域・国際問題における協力強化について意見交換する。

 モンゴルは今年3月、米朝首脳会談の開催候補地として名乗りを上げるなど、米朝対話を積極的に支援する姿勢を示している。10月にはバトトルガ大統領が金正恩朝鮮労働党委員長にモンゴル訪問を要請しており、外相会談で同様のメッセージを伝える可能性がある。