【阪神JF】前走重賞2着馬のリベンジに期待!

©株式会社LinkBitConsulting

UMAJIN・競馬サロン読者の皆さま、こんにちは。

競馬のWEBフリーペーパー『ウマフリ』代表のオガタKSNです。

よろしくお願い致します。

今週は2歳牝馬女王決定戦、阪神JF。

全勝馬が話題を集めていますが、あえて注目したいのが前走2着に敗れた3頭です。

どの馬も良い牝系で、これならの活躍に期待値十分です。リベンジを狙う彼女たちの走りに注目しましょう!

■ビーチサンバ

祖母のラスティックベルは大種牡馬Raise a Nativeの2 × 3という非常に積極的なクロスを持つ繁殖ですが、その子孫からは多くの活躍馬が輩出されてきました。

ビーチサンバの母・フサイチエアデールはG1で3度2着になっている実力派ですし、繁殖としても朝日杯FS勝ち馬・フサイチリシャールやデイリー杯クイーンC勝ち馬・ライラプスなどを送り出しています。ビーチサンバのいとこにも、札幌2歳Sでクロコスミアらを相手に勝利したアドマイヤエイカンなど、早いうちから重賞で実績を出せる馬が多く出てきました。また、そのアドマイヤエイカンが、先週ステイヤーズSで2着に食い込んだように、古馬になってからも活躍してくれる奥深さも持っています。

紫苑Sを勝利し、エリザベス女王杯でも5着に食い込んだ素質馬・ノームコアもこの牝系出身馬で、まだまだ活力を感じる血統です。

■ベルスール

母のフレンチビキニは中央4勝馬。祖母であるフェンジーはフランスのリステッドレースを勝利してます。母フレンチビキニがこれまで産んだ5頭の産駒はいずれも牝馬と、これからの発展も楽しみな血統です。

全姉のベルルミエールは快速を武器に活躍した馬で、条件馬時代の3歳秋には古馬のダンスディレクターらを撃破して条件戦を連勝しています。他にもサンスポ杯阪神牝馬Sで2着、NZTや北九州記念で3着と豊富なスピードを披露しています。

半姉のヴゼットジョリーは新潟2歳Sを制覇して阪神JFに挑みましたが、ソウルスターリングを相手に5着に敗れています。

半姉が敗北を喫したソウルスターリングの半妹・シェーングランツと、今回同じ舞台で相見えます。リベンジとして、どのような走りを見せつけられるでしょうか。

■メイショウショウブ

4代母に、名馬であり名繁殖のKatiesがいる血統馬です。

Katiesは現役時代に愛1000ギニーなどを制覇した実績馬で、引退後には重賞9勝のGI馬・ヒシアマゾンをはじめ、フェアリーS勝ち馬・ヒシナイルやローズS勝ち馬・ヒシピナクルなどを送り出しています。

そこから広がった牝系からは、数えきれないほどの活躍馬が誕生し、ドバイDFや宝塚記念・ジャパンカップなどを勝利したアドマイヤムーン、スプリンターズSを勝利したスリープレスナイトといった一流馬が大いに活躍を収めました。

現役馬でもファンタジーS勝ち馬であるベルーガは非常に素質を感じさせる逸材ですし、今後も活躍馬をコンスタントに出していく血統だと言えるでしょう。

しかし、その大きく広がるKaties系の中で、いわゆる亜流とも呼べるラインに属するのがこのメイショウショウブです。

半兄であるメイショウアリソンは、重賞未出走馬ながら中央で3勝をあげているなど、実力は十分です。

あとは華やかな実績を求めて、G1で大勝負に出たいところでしょう。

———
競馬(ウマ)のフリークが送る
競馬(ウマ)を自由(フリー)に楽しむための
競馬(ウマ)のWEBフリーペーパー&ブログ
“ウマフリ”
———
ウマフリは「競馬の楽しさを、全ての人へ」をモットーに活動する競馬集団です。

『全ての記事が永久保存版』を目指して競馬場紹介や過去の名馬紹介などをする『ウマフリ』と、リアルタイムな競馬情報の提供を目指してレース回顧やイベント情報などをお届けする『ウマフリだより』の2つを運営中。 読者からの寄稿をベースに様々な記事を配信しています。