2018年のベスト・コメディドラマTOP10を発表! 4位『シッツ・クリーク』など

© 株式会社AXNジャパン

気が付けば、もう12月ですね。年の暮れには「〇〇のTOP10」など数々のランキングが話題になりますが、米エンタメ情報サイト『TV Line』が、「2018年のベスト・コメディドラマOP10」を発表したのでご紹介。お気に入りの作品はランクインしているでしょうか? また、年末年始で見るドラマの参考にしてみては!?

10位:『Younger』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQ5OTIyMzkzOF5BMl5BanBnXkFtZTgwMDMzOTUxMDI@.V1SY1000CR0,0,666,1000AL_.jpg

『Younger』は日本未上陸のドラマですが、筆者がイチオシしているシリーズでもあります。

主人公は大学生の娘を抱え、夫と離婚することになった40歳のライザ。かつて出版社で働いていた彼女が職探しを始めますが、しばらく仕事から離れていたブランクと年齢がネックになって職が見つからず…。

そこで、若く見える容姿を活かして26歳と年齢を偽り、大手出版社で仕事をゲット! 年下の恋人も出来て仕事も絶好調なライザですが、ことあるごとに年齢詐称がバレそうになり…。

スマートな笑いが随所に散りばめられたトレンディなドラマで、シーズン6への更新も決定しています。

9位:『パトリオット ~特命諜報員 ジョン・タヴナー~』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzk0ODZiMTctOGYwZS00ZDU4LWI2ZDgtZjViZWRlNGQ1NDFiXkEyXkFqcGdeQXVyNjkwNzEwMzU@.V1.jpg

本シリーズの主人公は、精神的な問題を抱えるフォークシンガー&スパイという、奇妙な組み合わせの肩書を持つジョン・ダウナー。

情報機関の長官である父親のトムに依頼され、イランの核兵器開発計画を阻止するためにスパイとして潜入したジョンが、諜報活動を繰り広げるスパイコメディ。

スパイコメディといえば『CHUCK/チャック』が有名ですが、そこまでコメディ色は強くないシリーズです。

『パトリオット』はAmazonプライムで配信中。

8位:『ブルックリン・ナイン-ナイン』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNDc3NzQxODAwOV5BMl5BanBnXkFtZTgwODkwMjU2MzI@.V1SY1000CR0,0,674,1000AL_.jpg

ブルックリン警察99分署を舞台に、頭は切れるが性格が子どもっぽいジェイク・ペラルタ刑事を中心に、少しネジが緩んだ仲間たちが活躍する爆笑シチュエーションコメディ。

もともと、米FOXで放送されていた本シリーズはシーズン5で打ち切りが決定したのですが、その翌日には米NBCに救われてシーズン6への更新が決定するという、軌跡の復活を遂げました。

本シリーズはNetflixで配信中。

7位:『バリー』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjQyNDk0NTIyMl5BMl5BanBnXkFtZTgwOTQ2Nzg4NDM@.V1SY1000CR0,0,666,1000AL_.jpg

米HBOで放送され、かなり話題になっていたコメディが『バリー』です。

殺し屋稼業で生計を立てているバリーが、ひょんなことからロサンゼルスで演劇クラスに通うようになり、新しい仲間や目標ができて生活が一転。

ついに裏家業から足を洗って普通の生活に戻ろうとしますが、今まで関わったギャングや悪の組織はバリーを放っておいてはくれなかった…というストーリー。

とにかく、普通なら目立ってはいけないはずの殺し屋が舞台に立つという設定が斬新で、捻りが効いたブラックユーモアも痛快な作品。第70回エミー賞コメディ・ミュージカル部門で、作品賞と主演男優賞を受賞しました。

『バリー』はAmazonプライムにて配信中。

6位:『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOTA0ODc1MzM3M15BMl5BanBnXkFtZTgwMDM3MTA3NTM@.V1.jpg

女囚コメディドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のスタッフが手掛けた『GLOW』は、実在した女性レスリングチームにインスパイアされた作品。

今まで中途半端に生きてきて、他に選択肢がなく女子プロの世界に入った登場人物が、次第にド根性を見せていく姿がシュールなユーモアをもって描かれる痛快コメディです。

本シリーズはシーズン3へ更新が決定し、Netflixにて配信中。

5位:『クレイジー・エックス・ガールフレンド』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzU3ODQxMjgzOV5BMl5BanBnXkFtZTgwNDg4NDgzMDI@.V1.jpg

弁護士として活躍するレベッカは、しっかりしているようでいて恋愛となるとまるでダメダメ…。

高校時代に付き合っていた元カレのジョシュと偶然再会して、なんと彼を追って西海岸まで引っ越してしまいます…。そんな、いつも少し度を越してしまうレベッカの恋愛模様を、ミュージカルナンバーで彩ったドタバタなロマコメシリーズ。

日本での盛り上がりはイマイチですが、本国アメリカでは高い評価を得ているコメディです。

本シリーズはNetflixで配信中。

『シッツ・クリーク』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQzMDMxNjE2OV5BMl5BanBnXkFtZTgwOTA4MDI0NDE@.V1.jpg

超大金持ちでセレブなローズ家が突然破産し、仕方なく引っ越した先は、一家が冗談で過去に購入した田舎町シッツ・クリークにあるボロボロのモーテル…。

転落セレブがド田舎で強いられる極貧生活にも笑えるのですが、ローズ家の父親ジョニーと息子デヴィッドを演じる俳優にもご注目を!

ジョニーを演じるのは、青春コメディ映画『アメリカン・パイ』シリーズのパパ役でお馴じみのユージーン・レヴィ。あの超ボッサボサな眉毛がトレードマークになっている俳優ですが、デヴィッドを演じるダニエル・レヴィはユージーンの息子なのです。

しかも父親にソックリな極太眉毛の持ち主で、レヴィ親子の立派な眉毛を眺めるだけで価値がある爆笑コメディシリーズとなっています。

『シッツ・クリーク』はNetflixで配信中。

3位:『アトランタ』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzk5NDE5NDY1Ml5BMl5BanBnXkFtZTgwNTk0MTc3NDM@.V1SY1000CR0,0,666,1000AL_.jpg

『アトランタ』は、ヒモ同然の生活を送っていたダメ男アーンが、新進ヒップホップグループのマネージャーとなり成功を目指す音楽コメディドラマ。

アーンを演じるドナルド・クローヴァーはクリエイターも務め、俳優としてだけでなくチャイルディッシュ・ガンヴィーノ名義でミュージシャンとしても活躍し、そんな彼の実体験が反映されたシリーズはエミー&ゴールデン・グローブ賞で多部門で受賞を果たしました。

本シリーズはNetflixで配信中。

『このサイテーな世界の終わり』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzhhMTczMDQtNWE0Yy00OTJiLTlmYjgtNWU1MmVkYTVlYWVhXkEyXkFqcGdeQXVyNjEwNTM2Mzc@.V1SY1000CR0,0,675,1000AL_.jpg

自称サイコパスの高校生ジェームズと家族と上手くいかない少女アリッサが、アリッサの実の父親を捜すために一緒にロードトリップへ…。

ジェームズの本当の目的はアリッサを殺害することなのですが、道中にハプニングが連続し、彼の目的はなかなか達成させれず…という異色青春コメディシリーズ。

シーズン2へ更新が決定した本シリーズはNetflixで配信中。

『グッド・プレイス』

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZTc2ZDQ1ODMtNDZlYS00ZmEyLThlOTQtNjg0MGFlZjkzYjhlXkEyXkFqcGdeQXVyODUxOTU0OTg@.V1.jpg

生前に褒められた行いをしてこなかった主人公エレノアは、死後に間違いで天国へ…。

善行をしてきた立派な人間しか住めない“いい所”から追放されないよう、なんとか“いい所”に留まろうと四苦八苦するエレノアの悪戦苦闘ぶりが描かれるコメディ。

アメリカで放送開始されて以来、高い人気を維持している『グッド・プレイス』は、最近余裕でシーズン4へ更新されました。

本シリーズはNetflixで配信中です。

Best TV Shows of 2018: ‘The Good Place,’ ‘GLOW’ — Comedy Series | TVLine