アーセナルも注目! ”マルセロの後継者”とまで絶賛されるベティスの22歳

©株式会社FACTORIES

レアル・ベティスでプレイするジュニオール・フィルポ photo/Getty Images

ロシアワールドカップで活躍した乾貴士、ポルトガル代表のウィリアム・カルバーリョ、メキシコ代表MFアンドレス・グアルダード、若い頃より天才と呼ばれてきらセルヒオ・カナレスなど、今のレアル・ベティスにはそれなりにネームバリューのあるタレントが揃っている。

しかし、今チームで最も注目を集めているのは彼らではない。今季ベティスで大活躍しているのは、左ウイングバックのジュニオール・フィルポだ。2014年にベティスの下部組織に入ったフィルポは、現在22歳の攻撃的サイドバックだ。3バックではウイングバックを務め、今やベティスに欠かせない選手となっている。

英『sky SPORTS』がそのフィルポを特集しているが、フィルポにはアーセナルやマンチェスター・シティなどプレミアリーグの複数クラブが興味を示している。フィルポは縦への推進力に加えて184㎝のサイズがあり、センターバックも担当可能ポジションだ。

得点力も高く、リーグ戦ではここ4試合で3得点を記録。今季のベティスは14試合終了時点で14得点と決定力不足に苦しんでいるのだが、フィルポの3得点はカナレスとロレンソ・モロンと並んでチームトップの数字だ。

アーセナルでは右サイドバックにスピードのあるエクトル・ベジェリンがいるが、同メディアは左にフィルポを加えられれば超攻撃的チームが完成すると伝えており、左サイドバックはアーセナルの補強ポイントの1つだ。

また同メディアはフィルポはバルセロナのジョルディ・アルバ、レアル・マドリードのマルセロの後継者になれるのではとまで評価しており、フィルポ争奪戦は加速していくことになるかもしれない。今ベティスで最も注目すべきタレントの1人と言えるだろう。