冬将軍 ようやく列島に襲来 各地で雪 空港で足止めも

©株式会社フジテレビジョン

今シーズン一番の強い寒気が列島に流れ込んで、北海道では、氷点下20度を下回った。

ホワイトアウト状態になった青森市。
後方を走る車は、かすんで見えない。

朝から多くの人が、雪かきに追われていた。

集められた雪は、自分の背丈まで積み上がっていた。

街の人は、「降りましたね。一晩でこれですから。休み休みやっていかないと。体が忘れているので」と話した。

青森県の酸ヶ湯では、8日午後4時現在の積雪が81cmと、今季最大となっている。

このほか、新潟市や石川・金沢市、長野市、広島市、山口・下関市で初雪を観測した。

7日、11cmの積雪に見舞われた北海道・新千歳空港では、欠航便が相次ぎ、およそ270人が空港で一夜を過ごした。

利用者は、「(空港に)泊まって、体がバキバキです。全然眠れなかった」と話した。

今季、全国で初めて氷点下20度を下回った北海道。

北見市では、「ダイヤモンドダスト」がキラキラと輝き、霜の花を意味する「フロストフラワー」という美しい現象が見られた。

4日に23.4度だった東京都心では、一転して12.2度と、師走らしい寒さとなり、アツアツなものが恋しい季節となった。

都内では、日本最大級のマルシェが行われ、おでんやホットワインなどに人気が集まっていた。

訪れた人は、「すごくおいしい、寒いからね」と話した。

さらに、神奈川・横浜市内の足湯にも、暖を求めてやってくる客の姿があった。

訪れた人は、「気持ちいいけど、ちょっと寒い」と話していた。

9日にかけても強い寒気が日本付近に居座るため、日本海側を中心に大雪になるところがあり、交通機関の乱れなどに注意が必要となる。