フランスの抗議デモ、千人拘束

全国で再び混乱、収拾できず

©一般社団法人共同通信社

8日、パリのシャンゼリゼ大通りで黄色いベストを着て抗議する人々(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが8日、国内各地で行われた。政府は全国に計8万9千人の警官や憲兵を配置する厳戒態勢で対応したが、パリでは再び車などが放火され、装甲車が出動、混乱が広がった。警察などは小規模の衝突に催涙ガスや放水を使用し、全国で約千人を拘束した。全国一斉のデモは4週連続。政府は運動の発端となった燃料税引き上げを断念したが、事態を収拾できなかった。

 ルーブル美術館やエッフェル塔などパリの多くの観光名所は閉館となり、デパートは臨時休業。観光やクリスマス商戦への悪影響が拡大している。