3週連続のGI的中へ挑むわい

©株式会社LinkBitConsulting

明日の競馬の本題へと入る前に、まず冒頭より読者さまへお礼じゃ。

昨夜の大井8レースでは、我が愛馬のパツ子がラストランを迎えた訳だが、レース前には現地でお声掛け頂いた方を初めたくさんのご声援、そしてレース後には心温まるコメントなどツイッターにも頂きまして誠に有難うございます!

皆さまから戴きました有難きお声は、責任持って直接パツ子に伝えさせて頂きました。
パツ子は、姉妹の中でも抜けて性格の良い子だけど、厩舎の方々を初めファンの方からも愛されキャラだったな。感謝と感激で泣けてくるのう。。。

本当は勝って口取りっしたかったが、それは叶わず。現役を退いた今後は、もう競馬場で写真を撮れる事も無いので、レース後は5年間担当してくれた脇ちゃんと厩舎前でパチリ。

レースが終わったばかりというのに、興奮する事無く真ん中でおとなしく記念撮影に応じとるやないかい(笑)最後までなんて可愛いやっちゃ。

ただ、レースでは、馬群で揉まれ込むというパツ子が最も苦手とする厳しい展開となってしまった上に左前脚の内側をぶつけて負傷。記念すべきラストランは競馬にならず、最後の馬券もハズレてしまったが、とにかく厩舎へ無事に戻ってきてくれて良かったわい!

という事で、ここからは勝負GIの話に入るが、翌週の朝日杯FSで決行されるUMAJINライブでは、大井競馬の調教師!渡辺和雄先生が特別ゲストじゃ!

管理馬のユーロビートで重賞を勝っている腕利きであり、俺は先生がまだ厩務員だった頃からの付き合いなのだが、ライブ上では調教師だからこそ分かる2歳馬の特性をふまえ、馬券のポイントもレクチャーしてくれるわい。ご覧になられた方の競馬知識がワンランクアップできる内容にもなるので、ぜひともチェックして欲しいのう。

さて、ここからは明日の勝負GI・阪神JFへの話へと行ったろかい!

このブログでは例年書かせてもらう話なのだが、とにかく2歳は車に例えるならエンジンが未完成な上にアクセル、ブレーキ、ハンドルまでもが完成途上というお年頃。

なので、上質なエンジンを搭載している事は大前提だが、如何に操縦性にも優れているかを馬によっては、わずか新馬戦の1戦だけで見ぬかなければならん。

ちなみに現段階で、俺が2歳馬らしからぬ素晴らしい操縦性の良さを備えていると思えた馬を内枠から順に前売りオッズも挙げると(3)プールヴィル・14人気、(8)ラブミーファイン・15人気、(9)クロノジェネシス・2人気、(10)タニノミッション・5人気、(11)ビーチサンバ・4人気、(13)ダノンファンタジー・1人気の以上6頭じゃ。

もちろん、上記の中に軸馬や相手筆頭の候補馬が存在する訳だが、現在3人気と支持されている(4)シェーングランツは操縦性に欠けるのであくまで押さえ候補の1頭。

ただ、そのほかで押さえるべき候補について現時点でまだ検討中であり、実際の購入馬券は明日のレース当日にこのブログ上で公開させて頂くわい!

それでは最後に!
パツよ!とにかく5年もの現役生活、お疲れさん!!そして数々の激走を有難う!

まずはゆっくり休んでくれ!