【動画あり】100均アイテム活用おだんごヘア3選。逆毛いらずで簡単

©株式会社サンケイリビング新聞社

子どものおだんごヘア、かわいいですよね。でも、髪の毛が直毛でまとまらなかったり、逆毛がうまく立たなかったり、アイロンなどでカールを作るのが面倒という経験がある人は多いのでは?100均アイテムを使って簡単におだんごヘアが作れるので紹介します。

100均アイテムなし、簡単おだんごヘア3選(動画あり)

大人でも子どもでも、高い位置でも低い位置でも、作りやすいおだんごヘアです。逆毛を立てず、簡単に作れます。ルーズにも作りやすいので、今風ヘアにぴったりです。

低い位置でおだんごを作ると、帽子ヘアにも使えます。

おだんごヘアの作り方

1. ヘアゴムで結んでいく最後、毛先まで抜かず、髪の毛の輪を作る
2. 輪になった髪を二つに分け、一つをもう一つの輪にくぐらせる
3. ヘアピンやUピンの形を見ながら、留めれば完成

高い位置でのおだんごヘアですが、動画の方がわかりやすいと思うので、良かったら見てください。

つのヘアと三つ編みおだんごヘア

三つ編みをして、くるくる丸めるだけのおだんごです。

根本にくるくる巻いて、ピンやUピンで留めるだけ。

「三つ編みおだんごヘア」ができました。

同じ三つ編みですが、根元への巻き方を少し変えると「つのヘア」になります。

つのの高さに三つ編みを折り、残りを根元にくるくる巻き付けて、ゴムかピンで毛先を留めればOK。

こちらも動画がありますので、見てみてくださいね。

ダイソーの「シニヨンじょうず」

今回使ったのは、ミニミニサイズの「くるっと巻いてとめるだけ!シニヨンじょうず」。ミニミニサイズは、髪の毛が多い子どもには向いていません。子どもの二つ結びやハーフアップで使えそうです。

ダイソーには他に、MサイズとLサイズがありますが、Lは子どもには不向きです。感想としては、ミニミニとMサイズの中間があるといいかな~と。使い方は簡単ですが、パッケージに載っているやり方では難しいので、一度結んでから巻くと簡単におだんごヘアができます。

「シニヨンじょうず」でおだんごヘア

1. 二つ結びをする。毛先5~6cm程度残して、髪を輪に通す
2. 通した髪を折り込む
3. 上にきつめに巻き付け、最後にフックを引っかけて完成

「シニヨンじょうず」+リボンアレンジ(動画あり)

「シニヨンじょうず」に髪の毛を通し折り返したら、リボンを「シニヨンじょうず」の上に置き、一緒に巻き付けます。フックを引っかけたら、リボンを結んで完成です。

ちょっとおめかししたときなんかに使えそうです。

「ちいさめおだんごメーカー」でおだんごヘア

以前の記事にも紹介した100均の「ちいさめおだんごメーカー」。こちらも簡単におだんごヘアができちゃう優れもの。子どもには「ちいさめ」がおすすめです。使い方も簡単!

1. ポニーテールに結び、おだんごメーカーの輪に髪の毛を通す
2. おだんごメーカーに髪の毛を巻き付ける
3. 巻き付けたら、ヘアピンやUピンで留めて完成 ※ルーズにしたいときは、指先で少し引っ張り出すと、ルーズおだんごになります

まとめ

「おだんごメーカー」も「シニヨンじょうず」も、とっても簡単におだんごヘアが作れました。「シニヨンじょうず」は、髪の毛を巻く方向で雰囲気がグンと変わることもあるので、いろいろ試してみるといいと思います。ただ、子どもの毛量によっては、扱いにくいものもあるので要注意です。

リボンを合わせることで後ろ姿も印象的になり、発表会や卒園式で目を引くこと間違いなしです♪

(文/ちゃこ)