結婚相談所の選び方。種類やメリットデメリットは?

©株式会社オールアバウト

結婚という目的にコミットした出会いができ、真剣度の高い者同士で出会えるのが「結婚相談所」での婚活の特徴であり、メリットです。ただ、入会金や会費などの初期投資がかかる分、結婚相談所選びに失敗するのは避けたいところ。そこで、結婚相談所の3大タイプごとのメリット・デメリットや、実際どのタイプの結婚相談所があなたに合うのかを考えていきましょう。

自分に合った結婚相談所を選ぶには?

婚活の方法は様々。そのなかでも、もっとも真剣度が高いとされるのが結婚相談所です。結婚相談所に入ることを検討している、または、入会を決めたあなたは、きっと真面目に結婚相手を探している方だと推測します。

ただ、他の婚活と比べると、高額なのが結婚相談所の利用料。できれば結婚相談所選びで失敗したくはないですよね。そんなみなさんは、そもそも結婚相談所に、いくつかの種類やタイプがあることをご存知でしょうか。

ひとくちに結婚相談所といっても、大きく分けると主に3つあり、その中から自分に合ったタイプを選ぶことが重要です。その上で、恋愛の専門家としては、自分に合ったタイプの結婚相談所を見極める方法よりも、もっと重要なこともあるとも考えます。

結婚相談所の種類は? 3つのタイプで比較するメリット・デメリット

冒頭で軽く触れた、結婚相談所の3タイプについて詳しく説明していきます。

■タイプ1:情報提供型

いわゆるインターネット上の「婚活情報サービス」と呼ばれるタイプです。入会すると、結婚相談所や結婚相談所が加盟している連盟が保有する会員のデータにアクセスできるようになります。

メリットとしては、ネット環境があれば、どこでも婚活ができるところ。多くがスマホで簡単に会員情報にアクセスできます。また、そのままメッセージのやりとりもできるため、忙しい人には向いているでしょう。

デメリットとしては、どうしても条件優位になりがちで、内面の相性がいい人を見逃しがちであることです。膨大な会員データから候補のお相手を絞っていくので、どうしても年収や年齢などの条件入力により検索する必要があります。それでも膨大な数が検索結果として出てくるので、写真や動画などの見た目の印象でさらに数を絞っていくため、条件や外見が優れた人が有利になりやすく、好条件を備えていないと検索から漏れやすくなるのです。

■タイプ2:お見合い特化型

事前にあなたの希望する相手を結婚相談所に知らせ、仲人やシステムが「マッチングした相手とのお見合いを取り次ぐ」タイプです。まさに、昔ながらの結婚相談所と言えるでしょう。

メリットとしては、入会した結婚相談所のプランや規模にもよりますが、ほぼ確実に相手とのお見合いを組めること。お見合いの前にお相手の写真や条件を見られる場合もありますが、「とりあえず会ってみる」という風潮があります。

デメリットとしては、プランによっては紹介してもらえる相手が月に2~3人くらいなどの少人数であること。あなたの希望にうまくマッチングしなかった場合、希望していた条件とは違う人を紹介されることがあります。

■タイプ3:ハイブリッド型

情報提供型とお見合い特化型の、両方の紹介方法を活用したタイプです。スマホなどで自ら相手の条件を絞って検索もできますが、担当の婚活アドバイザーからもアドバイスをもらい、お見合いを仲介してもらうこともできます。人の手が入ることで、第三者から「あなたと相性の良さそうな人がいる」という、直接の紹介を受けることができます。

メリットとしては、1つの相談所で活動しながら、複数の自分に合った出会い方を試せるところです。自分で検索してさまざまな異性に会いつつ、自分ではあまり選ばなさそうな相手を担当の婚活アドバイザーに紹介してもらえます。「どうやって婚活すれば良いのか分からない」という方に、とりあえずやってみるという姿勢でチャレンジしやすいと言えます。

デメリットととしては、出会いの幅が広いだけに、「これで出会う!」というコミットをしにくいこと。人は選択肢が多ければ多いほどに、じつは選ぶことができなくなるという心理があります。結果的に中途半端な利用となってしまわないように、注意しなくてはなりません。

■その他のタイプ:特色ある結婚相談所・仲人型の個人結婚相談所など

さらには、先ほどの3大タイプ以外にも、趣味別や職業別の結婚相談所など、特色ある結婚相談所もあります。そういった場合、連盟に加入してない個人経営の仲人型の結婚相談所も含まれるので確認してみましょう。その場合、選択肢は少なくなるのがデメリットとも言えますが、趣味や職業などであらかじめ対象を絞ることで、選択肢が多すぎて迷うということはないでしょう。

このように結婚相談所の中でも、人によってメリット・デメリットがあり、それぞれに向き・不向きがあるのです。

結婚相談所の婚活アドバイザーとの相性は重視すべき?

結婚相談所選びは、アドバイザーとの相性が重要だ、という意見もありますが、結論から言うと、私はアドバイザーとの相性だけで結婚相談所を決めるべきではないと考えます。

一般に、結婚相談所と言えば、世話焼きおばさんのような仲人がお見合い相手を紹介してくれるようなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際はお相手紹介のサポート業務が手厚いところとそうでないところがあります。特に、タイプ1の情報提供型(結婚情報サービス)の場合、情報提供やマッチングがメインサービスになります。

ほとんどの結婚相談所は、万単位の会員数を保有しています。また、大手企業が経営する結婚相談所に限らず、小さな結婚相談所でも連盟に加入していれば、会員データを連盟間で共有しているので、会員数という点ではもはや差がつくことはありません。

また、例えアドバイザーとの相性が良かったとしても、出会える相手と相性が良くなければ、本末転倒です。「私が必ずあなたと合う人を紹介してみせます!」と言われたところで、そもそも条件に適した候補の相手が登録者として存在し、あなたとマッチングしなければ意味がありません。タイプ2のお見合い特化型やタイプ3のハイブリット型であれば、自分一人では選べなかった意外に相性がいいタイプとマッチングできるメリットがありますが、その他タイプの連盟に加入してない個人経営の仲人型の結婚相談所であれば、意欲はあっても相性のいい人の手持ちがないこともあるかもしれません。

つまり、あなたが本当に相性を見極めるべきは、サービスの内容、サービスと自分の相性、そして、そのサービスで出会える相手との価値観のマッチングです。

結婚相談所を選ぶポイントは、婚活で「何を重視するか」に直結!

結論として、結婚相談所をどう選べばいいのか? 結論からいえば、まずは「この結婚相談所は、3つのタイプのうち、どれに当てはまるか?」を見極めて、実際に試してみるというのが有効です。

そして、まず試してみようと思った時に、選ぶポイントになるのは、あなたが婚活で「何を重視するか」に直結してきます。

つまり、情報提供型で「条件優位で出会う方がいい」のか、それとも、お見合い特化型で「条件にはこだわらず人柄勝負でまずはどんどん出会って決めたい」のか、「自分で婚活の正解がわからないので、いろいろな方法を試しながら出会いたい」のか考えてみましょう。

ただし、実際どの出会い方があなたに合うのかは、試してみなければ分からないのが正直なところです。とくに、「相手を条件優位で選ぶ」ことを選択した場合、「相手からも条件優位で選ばれる」ということにもなるので注意が必要です。

いずれも予算次第ではありますが、複数のタイプを試してみることをオススメします。

結婚相談所での婚活と、他の婚活を比較! メリット、デメリットは?

さらに、他の婚活と比較した時の、結婚相談所のメリットとデメリットについてもお伝えします。

結婚相談所のメリットは、ずばり『本気度が上がるところ』です。結婚相談所で婚活するのにかかる予算は、年間でおよそ10万円~50万円といったところ。それだけの費用をかければ、多くの人は出会いに本気になります。そうした人同士が集まることで、「結婚という目的にコミットした出会いができること」、つまり、冷やかし気分の相手がいないのは、婚活ブームの今こそ最大のメリットだと考えます。

実際、サービスや会員数の違いは、現状ほとんどありません。コースの値段が上がるごとに紹介してもらえる人数が多くなるところもありますが、私自身は結婚相談所にお金をかける意味はそこまでないと考えます。

逆に、結婚相談所のデメリットは、まず単純に、入会金や会費などの初期投資としてお金がかかる、という点があります。簡単に言えば、一度に出るお金が多い、ということです。他の出会い方でも、何度も活動を繰り返し、長期化すれば結果的に10万円以上の出費にはなるとも言えます。

出費から派生する落とし穴として、多くのお金を使うことで『元を取らなければ……』と、そのやり方に必要以上に執着してしまうことがあります。すでに活動している方は「結婚相談所での出会いが自分に合わないかもしれないと気付いているものの今さら辞めるのはもったいない」ということはないでしょうか? 本来であれば、見切りをつけて違う出会い方を試してみるべきなのに、不要な更新をしてずるずると数年間も結婚相談所に入会してしまうという例もあります。出会うたびに、お金を払っているのだからもっと好条件を狙えるのでは……と考えてしまう、ということもあるかもしれません。

やはり一番良いのは『複数のサービスを同時に利用すること』、そして、自分に合ったやり方を見つけることです。結婚相談所は条件がマッチする相手とひとりずつお見合い形式で会っていく性質なので、そこが合っていないとマッチングがうまくいかず、婚活が停滞してしまいます。会費制なので長引けば長引くほど費用がかかるのもデメリットを加速させるでしょう。

結婚相談所が自分に合っているかどうか?も見直して

そもそも結婚相談所という、比較的フォーマルな雰囲気の出会い方が合わない人もいます。街コンのようなカジュアルな出会い方が合う可能性もあるでしょう。

例えば、街コンやパーティなどの場合、条件で検索する前にまず顔を合わせることになります。あなたも、条件優位の婚活より、会ったときの印象の良さを重視されたほうが有利なタイプかもしれません。結婚相談所を介してお見合いで出会ったら「失礼でなれなれしい人」と思われる方でも、街コンやパーティでは「明るくて社交的な人」と思われることもあるでしょう。

そのためにも、フォーマルな出会い方で上手くいかなければ「カジュアルな出会い方」も試すことが重要です。『結婚相談所に入れば安心!』という結婚相談所の神話にハマらず、あくまで自分の婚活の舵取りは自分が握るべきです。婚活のやり方はひとつではないので、1つのやり方に執着することなく、最適な方法を見つけていきましょう。

(文:今井 翔)