チェルシーはアザール残留へ何をすべき? 外せない”2つ”の絶対条件

©株式会社FACTORIES

チェルシーのアザール photo/Getty Images

チェルシーが何かタイトルを獲得するには、やはりFWエデン・アザールの力が必要だ。アザールにはレアル・マドリード行きが近いのではないかとの話題が続いているが、サポーターも何とか残ってほしいと願っていることだろう。

英『METRO』によると、クラブOBのデニス・ワイズ氏はアザール残留のカギはチャンピオンズリーグ出場権の獲得と実力者の補強にあると主張する。アザール個人との契約というよりは、周囲に派手な選手を獲得することでタイトルへの希望をアザールに感じさせることが重要との考えだ。

「彼を残留させるのは非常に重要だ。チェルシーがタイトルを求めるなら、アザールを残留させる必要がある。重要なのは、チェルシーにやってくる他の選手たち、そしてチャンピオンズリーグの舞台に戻ることだ。彼はチャンピオンズリーグでのプレイを求めていて、今季は出場していない。来季の出場権を確保し、トップレベルの選手たちを数名補強できればアザールの心を変えられるはずだよ」

補強の面で言えば、近年はマンチェスター・シティの方が主役だ。アザールとしてはリーグ制覇、チャンピオンズリーグ制覇を目指せるとの手応えが欲しいはずで、周囲のチームメイトを豪華にすることも重要なポイントになるのだろう。