おりょう演じる橋本マナミ、「あの場面はどうなる?」 龍馬の妻役にファンそわそわ

©株式会社ジェイ・キャスト

「私は坂本龍馬の妻おりょうを演じています(顔文字)お楽しみに(ハート)」――2018年12月7日夜、インスタグラムにこう投稿したのはタレントの橋本マナミさん(34)だ。

おりょう役に起用された橋本マナミさん

2019年1月5日、テレビ朝日系で「古舘トーキングヒストリー」が放送される。フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんが、歴史上の事件を再現ドラマに「実況」を交えるスタイルで掘り下げていく異色の番組だ。

古館はどう実況するのか

第3弾となる今回の放送では、「坂本龍馬暗殺」がメインテーマに。ドラマパートでは龍馬を俳優・渡辺大が、そして妻のおりょう(楢崎龍)を、橋本さんが演じる。

橋本さんのインスタグラムでは、その一場面らしき写真が3枚公開されている。中でも、トップを飾る写真は、緊張の面持ちで拳銃を構える渡辺龍馬、それに寄り添う橋本おりょう、そしてそれをスーツ姿で見守る(?)古館さんという、なんとも印象的な一枚だ。状況からすると、龍馬が伏見奉行の捕り方の襲撃を受けた、いわゆる「寺田屋事件」の一幕とみられる。

ところがこのインスタ投稿に、こんなコメントが――。

「風呂上りに階段かけ上がるやつはしないでしょ」
「風呂上がりシーンはあるのだろうか?ドキドキ」

寺田屋事件で、入浴中に捕り方襲来に気づいたおりょう。着物を身にまとう暇もないまま、龍馬の部屋に駆け付け、おかげで間一髪難を逃れる――龍馬を題材とした作品では、必ずと言っていいほど見せ場となる、有名な逸話だ。

写真をよく見ると...どう描く?

橋本さんといえばご存じの通り、グラビアなどで見せる艶姿でおなじみである。それだけに、寺田屋のこの場面をどう演じるのか、早くもそわそわするファンがいるわけだ。

なお、公開されている寺田屋らしき場面写真では、橋本さんは着物こそちゃんと着ているが、その下に着る襦袢などは身に着けていないように見える。番組は最新の研究成果を踏まえ、今まであまり知られていなかったような史実を紹介するというスタンスなので、「定番」とは異なったアプローチがされる可能性も。古館さんも番組に向けてのコメントの中で、こう述べている。

「おりょうが龍馬の危機を救うシーンがあるのですが、それについても今回詳細に理解できると思います。魅力的な橋本さんと合わせてぜひご覧になっていただきたいです」