褐色美少女・牧野紗弓 新しいビキニの着方「ガイアナビキニ」を提唱

バラエティ番組でタランチュラを食べる!? 身体張りすぎなハーフ美少女の最新DVD。

©株式会社NEWSY

ガイアナ共和国と日本のハーフで、抜群のスタイルが人気のグラビアアイドル・牧野紗弓ちゃんが、最新イメージDVD『SUNNY GIRL』(エスデジタル)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■サニーガールは晴れ女

3枚目となる本作は、8月に沖縄県で撮影されたもの。

「セカンドも沖縄だったので、これが2回目の沖縄でした。予報は雨だったのに、私が行った時は奇跡的にずっと晴れていて、タイトル通りサニーガールという感じの本当に良い天気で撮影できたので良かったです」と天候に恵まれたロケを振り返った。

■台本ナシの自由な姿を収録

前作の2ndDVDでは自ら台本を手がけたという紗弓ちゃん。「今回は台本が無かったので、カメラを彼氏に見立てて好きなようにやってました。じつはファーストから今回までずっと同じ監督さんで『サードは自分の好きなようにやってみようか』みたいな感じだったので、今回カメラさんを彼氏だと思って、カメラの前でイチャイチャやっておりました」と、今回はほぼアドリブであることを明かした。

■「ガイアナビキニ」流行らせたい

数あるシーンの中から紗弓ちゃんが最も強く紹介したいというのが、トロピカルな柄の三角ビキニのシーン。「これ、ちょっと変わった着方をしているんですけど、海外のモデルさんとかがよくやっていて、普通の三角ビキニなんですけど、三角の下の部分を横にして、首の部分を胸の前で絞めてバンドゥみたいにするんですよ」。

「本当は胸がが大きい人だと映えるんですけど、私胸が小さい方なのでちょっとカポカポになっちゃって、スタイリストさんにも『ちょっと胸が…』なんて言われて、この撮影が終わったら豊胸しようかと思いました(笑)」と冗談を飛ばしつつ、「まだグラビアでやっている人は見たことがないので、この着方を流行らせたいですね。これが牧野紗弓の代名詞になるくらい。そうですね、今決めましたけど『ガイアナビキニ』なんてどうでしょう(笑)」と、自ら命名した。

■来年はグラビアで一本立ち

雑誌「SPA!」の「ネクストブレイクガール総選挙」初代グランプリに輝き、DVDのリリースも好調。

とはいえなかなか不動の人気とはいかないようで、今年一年を振り返り「ドタバタな一年でした。DVDも2作出せましたし、前半はトントン拍子で良かったんですけど、後半にちょっと下がってしまって、じつは今あんまりお仕事が無いんですよ。お仕事とバイトと芸能のトリプルワークで寝る時間もないくらいなので、来年は芸能、特にグラビア一本でやれるくらいに、願わくは写真集が出したいです!」と、苦労も多いようだ。

「バラエティ番組の根性を見せる企画で、タランチュラを食べたり、ビリビリしながらジェンガをやったり。本当に身体を張る毎日なので、誰か助けてください!(笑)」と冗談交じりの悲鳴を上げた。

【牧野紗弓(まきのさゆみ)】

1996年2月20日生まれ/T160・B86・W58・H85/血液型:O型/愛知県出身/趣味:一人旅、カメラ/特技:クラリネット