7歳男児、車にはねられ意識不明 信号機ある交差点で横断中 はねた車は白いセダン、そのまま逃走/狭山

©株式会社埼玉新聞社

 7日午後4時35分ごろ、埼玉県狭山市堀兼の県道で、市内に住む小学生の男児(7)が車にはねられた。男児は頭などを打ち、意識不明の状態。車は逃走した。

 狭山署によると、現場は信号機のある交差点。男児は1人で横断道路を渡っていたところ、直進してきた車にはねられた。車は停止することなくそのまま逃走、交差点で信号待ちをしていたパトロール中の署員がバイクで追跡したが、見失ったという。

 同署は逃げた白いセダンタイプの車の行方を追っている。

狭山署=埼玉県狭山市稲荷山