世界ジュニア卓球、宇田ら準決勝

相馬も4強入り

©一般社団法人共同通信社

 卓球の世界ジュニア選手権は8日、オーストラリアのベンディゴで行われ、日本勢はシングルスで男子の宇田幸矢(エリートアカデミー)と女子の相馬夢乃(石川・遊学館高)が準決勝に進んだ。

 女子ダブルスの相馬、木原美悠(エリートアカデミー)組と長崎美柚(エリートアカデミー)大藤沙月(ミキハウスJSC)組が4強入りした。(共同)