ソフトテニス女子は山陽女3連覇

©株式会社山陽新聞社

 ソフトテニスの全国高校選抜大会岡山県2次予選は8日、岡山市のジップアリーナ岡山で1次予選を勝ち抜いた男女4強によるリーグ戦を行った。男子は理大付が2年連続優勝し、女子は山陽女が3連覇した。

 男女の上位2校は来年1月18~20日に福山市である中国予選に進出し、それぞれ3枠の本大会出場権を争う。下位2校は同日程で福山、府中市で開かれる中国新人大会に出場する。

 【男子】リーグ戦 岡山南3—0倉敷南、理大付3—0明誠学院、理大付3—0倉敷南、明誠学院3—0岡山南、理大付3—0岡山南、明誠学院2—1倉敷南 ◇順位 (1)理大付3勝(2)明誠学院2勝1敗(3)岡山南1勝2敗(4)倉敷南3敗 【女子】リーグ戦 就実3—0倉敷中央、山陽女3—0岡山南、山陽女3—0倉敷中央、就実3—0岡山南、山陽女2—1就実、岡山南3—0倉敷中央 ◇順位 (1)山陽女3勝(2)就実2勝1敗(3)岡山南1勝2敗(4)倉敷中央3敗