ごめんね…妹の誕生を楽しみにしていた2歳の娘を傷つけてしまった

©株式会社ベビーカレンダー

この記事では、妹の誕生を楽しみにしていた2歳の娘を傷つけてしまい、後悔した、先輩ママの体験談をお伝えします。

わたしは、10歳、5歳、2歳、0歳の四児の母です。妹の誕生をすごく楽しみにしていた2歳の娘。そんな娘を傷つけてしまったエピソードをご紹介します。

妹の帰宅を心待ちにしていた2歳の娘

私が第四子を出産し、産院を退院してきてから三日後の話です。2歳になる娘は、妹の誕生、そして帰宅を心待ちにしていました。

妹が泣くと「ママー、おっぱいやって!」「ウンチした! 」「起きたよ~」「抱っこしたい」と、一日中妹にベッタリです。

お風呂場でのできごと

赤ちゃんをお風呂場で沐浴していたら、娘が入ってきて「わたしも赤ちゃんを洗いたい」と言い出しました。 はじめは一緒に洗っていたのですが、だんだん赤ちゃんをだっこして洗いたいとかひとりでやりたいと言い出しました。

そうこうしているうちに、娘の服も濡れてきたので、「もういい! あっち行ってテレビ見てなさい!」と強く言ってしまいました。

娘を傷つけてしまった……

するとスっと娘が向こうに行ったので、とりあえず下の子を洗ってしまうことに。沐浴を終え、下の子をタオルにくるんでリビングに行くと悲しそうにこっちを見ている娘にハッとしました! 妹のお世話をしたいだけなのに、きつく言ってしまい娘を傷つけてしまった! と、とても後悔しました。

娘も私の入院で我慢をしていて、家に帰ってくるのをとても楽しみにしていたのに、そんなキツい言い方をしなくてもよかったなと思いました。また、娘が濡れても大丈夫なようにしたり余裕をもって接してあげられるようにならないとなと反省です。 傷ついた娘の顔はもう見たくないと強く思ったできごとでした。


著者:船越由佳

10歳、5歳、2歳、0歳の四児の母。 持病を持ちながら、育児中の専業主婦。不妊治療をおこなう。