直前の車で満車に…出庫交渉を断られ車を殴る蹴る ルミナリエ見物目的の男逮捕

©株式会社神戸新聞社

葺合署

 兵庫県警葺合署は8日、器物損壊の疑いで大阪府岸和田市の会社員の男(23)を現行犯逮捕した。男は開催中の神戸ルミナリエの鑑賞に家族とともに車で訪れ、駐車スペースを巡りトラブルになったという。

 逮捕容疑は同日午後7時前、神戸市中央区のコインパーキングで、軽自動車のドアやミラーを殴る蹴るなどして壊した疑い。「サイドミラーは殴ったが、ドアは蹴っていない」と容疑を一部否認しているという。

 同署によると、男が駐車場に入る直前、前を走っていた車が駐車して満車状態に。その車の男性(26)が車内に残っていたため、出庫を交渉したが断られたことに立腹したという。

 同署などによると、16日までのルミナリエ期間中、会場付近は交通規制されており、JR三ノ宮駅周辺でも駐車場を求める車で混雑するという。