楽しいね! 佐世保で長崎新聞クリスマスこども大会

©株式会社長崎新聞社

 「長崎新聞クリスマスこども大会」(長崎新聞社、アルカスSASEBO主催、佐世保市、市教委後援、明治協賛)が8日、同市三浦町のアルカスSASEBOであり、約1900人の家族連れがクリスマスにちなんださまざまなステージを楽しんだ。
 佐世保での開催は18回目。プロマジシャンのHIROさんは女性の体を消したりハンカチを生き物のように操ったりするマジックを披露。マーチングユニットによるクリスマスソングの演奏では、子どもたちも一緒ににぎやかな歌声を響かせた。
 明治の菓子が当たる抽選会にはサンタクロースも登場。コミカルなしぐさで会場の笑いを誘った。
 桜の聖母幼稚園(同市俵町)の中村志穂ちゃん(5)は「女の人の顔が消えるマジックにびっくりした。ジングルベルを上手に歌えた」と声を弾ませた。

抽選会でサンタクロース(左)からプレゼントを受け取る子ども=佐世保市、アルカスSASEBO