<レスリング>【12.20~23天皇杯全日本選手権・展望(12)】高谷惣亮(ALSOK)が階級アップして参戦…男子フリースタイル86kg級

©公益財団法人日本レスリング協会

《大会日程》


男子フリースタイル86kg級・展望(12月20~21日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

74、79kg級に続く日本一を手にするか、高谷惣亮(ALSOK)

 昨年優勝で今年の世界選手権代表の白井勝太(日大大学院)、昨年2位の松坂誠應(自衛隊)の争いに、74・79kg級で国内外の実績を持つ高谷惣亮(ALSOK)が参戦する。階級アップの壁を乗り越えられるか。

 全日本選抜選手権3位の村山貴裕(自衛隊)、1年生で全日本学生選手権を制した山田修太郎(山梨学院大)、全日本大学選手権を制した松雪泰成(専大)らがどう挑むか。

 アジア選手権79kg級3位の浅井翼(茨城県競技力向上対策本部)、1年生で全日本学生選手権79kg級を制し世界ジュニア選手権でも勝った石黒隼士(日大)ら階級アップ組の殊勲はあるか。

《歴代優勝選手》男子フリースタイル男子グレコローマン女 子


2018年全日本選抜選手権 →クリック

 ▼決勝
白井勝太(日大大学院)○[5-2]●松坂誠應(自衛隊)

 ▼準決勝
白井勝太(日大大学院)○[負傷棄権]●松雪泰成(専大)
松坂誠應(自衛隊)○[5-4]●村山貴裕(自衛隊)


エントリー選手

※世界選手権代表とこの階級の全日本選抜選手権1~3位選手以外はアイウエオ順

白井勝太
高谷惣亮
松坂誠應
松雪泰成
村山貴裕

《2018年世界選手権代表/全日本選抜選手権優勝》
白井 勝太(しらい・しょうた=日大大学院)
1995年9月2日生まれ、23歳。福井県出身。東京・帝京高~日大卒。176cm。2018年アジア大会8位

《2018年世界選手権79kg級代表/全日本選抜選手権79k級優勝》
高谷 惣亮(たかたに・そうすけ=ALSOK)
1989年4月5日生まれ、29歳。京都府出身。京都・網野高~拓大卒。177cm。2017年全日本選手権79kg級優勝

《2018年全日本選抜選手権2位》
松坂 誠應(まつさか・まさお=自衛隊)
1994年7月18日生まれ、24歳。長崎県出身。長崎・島原高~日体大卒。175cm。2017年全日本選手権2位

《2018年全日本選抜選手権3位》
松雪 泰成(まつゆき・たいせい=専大)
1997年10月2日生まれ、21歳。愛知県出身。愛知・星城高卒。182cm。2018年全日本大学選手権優勝

《2018年全日本選抜選手権3位》
村山 貴裕(むらやま・たかひろ=自衛隊)
1995年3月14日生まれ、23歳。青森県出身。青森・八戸工高~大東大卒。175cm。2017年全日本選手権3位

浅井 翼(あさい・つばさ=茨城県競技力向上対策本部)
1995年4月8日生まれ、23歳。京都府出身。京都・京都八幡高~拓大卒。181cm。2018年国民体育大会3位

飯村 友基(いいむら・ゆうき=国士舘大)
1997年6月30日生まれ、21歳。茨城県出身。茨城・鹿島学園高卒。180cm。2018年東日本学生秋季選手権優勝

石黒 隼士(いしぐろ・はやと=日大)
1999年8月23日生まれ、19歳。東京都出身。埼玉・花咲徳栄高卒。180cm。2018年世界ジュニア選手権優勝

牛水 瑞貴(うしみず・みずき=山梨学院大)
1997年2月11日生まれ、21歳。鹿児島県出身。鹿児島・鹿屋中央高卒。176cm。2018年全日本選抜選手権5位

白井 達也(しらい・たつや=千葉・日体大柏高)
2000年7月16日生まれ、18歳。大阪府出身。170cm。2018年全国高校選抜大会96kg級優勝

谷崎 匠(たにざき・たくみ=山梨学院大)
1999年7月16日生まれ、19歳。岐阜県出身。岐阜・岐南工高卒。171cm。2018年東日本学生秋季新人戦優勝

奈良部 嘉明(ならぶ・よしあき=筑西広域消防本部)
1987年1月27日生まれ、31歳。茨城県出身。茨城・霞ヶ浦高~山梨学院大卒。176cm。2017年全日本選手権5位

錦戸 祐也(にしきど・ゆうや=日体大)
1997年10月27日生まれ、21歳。熊本県出身。熊本・玉名工高卒。175cm。2018年東日本学生春季選手権優勝

八木 海里(やぎ・かいり=中大)
1998年8月22日生まれ、20歳。東京都出身。埼玉・埼玉栄高卒。173cm。2018年全日本学生選手権2位

山田 修太郎(やまだ・しゅうたろう=山梨学院大)
1999年5月19日生まれ、19歳。秋田県出身。秋田・秋田商高卒。178cm。2018年全日本学生選手権優勝