灯籠の明かり天文館彩る 九州高校文化祭、各県代表の80人制作

©株式会社南日本新聞社

 第2回全九州高校総合文化祭鹿児島大会の美術・工芸部門に出場している生徒が灯籠を制作し、8日夕に鹿児島市の天文館ベルク広場でライトアップされた。寒空の下、明かりが華やかな雰囲気を演出して、通行人らを楽しませた。
 灯籠は「六月灯」をイメージしたもので、九州・沖縄の各県代表約80人が約50個を制作。市内を巡って桜島や西郷隆盛銅像、照国神社などをスケッチし、灯籠に描いた。

鹿児島をテーマに高校生が絵を描いた灯籠が並ぶ会場=8日午後5時15分、鹿児島市中町