中国、カナダに対抗措置も

大使呼び外交圧力強める

©一般社団法人共同通信社

カナダにある華為技術(ファーウェイ)の施設=6日、オタワ(ロイター=共同)

 【北京共同】中国外務省は8日、カナダのマッカラム駐中国大使を呼び、カナダで拘束されている通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部の即時釈放を要求するとともに、聞き入れなければ何らかの対抗措置を取る可能性を示唆した。今回の拘束を受けて、中国政府が北京でカナダ大使に直接抗議するのは初めてで、外交的圧力を強めた。

 中国外務省の楽玉成次官は、マッカラム氏に対し、拘束は「中国公民」の合法的権利を侵害するものだとし「今後、厳しい結果が生まれようともカナダ側が全ての責任を負わなければならない」と述べた。