“ノーベル”本庶氏「受賞エピソード」語る 会場笑いに包まれる

©株式会社フジテレビジョン

ノーベル医学・生理学賞を受賞する京都大学の本庶佑特別教授は8日、スウェーデンの日本大使館のパーティーに出席し、受賞が決まった際の状況について語った。

京都大学・本庶佑特別教授は、「(受賞の)メッセージを受け取ったが、最近はフェイクニュースがあるから」と語った。

本庶さんは、受賞の際のエピソードを冗談を交えながら明かすと、会場は終始笑いに包まれた。

また、日本メディアの取材で本庶さんは、「100回人生があったら、100回ノーベル賞をとる人である」と評されていることについて、「せめて1回は、ゴルフのマスターズで優勝する人生であってほしいな」と語った。