北日本中心に大雪...月曜まで要警戒 今季一番の強い寒気

©株式会社フジテレビジョン

今季一番の強い寒気の影響で、8日は、北日本を中心に大雪に見舞われた。

10日まで、各地で大雪や吹雪に警戒が必要となる。

8日は、東北の山沿いを中心に大雪となり、9日午前0時の積雪は青森県の酸ケ湯で103cmと、全国で今季初めて1メートルを超えた。

新潟市や長野市など、全国8カ所では初雪を観測。

また、北海道の大樹町では最低気温が氷点下22度と、今季全国で初めて氷点下20度を下回ったほか、北海道は観測地点の全てで最高気温が0度未満の真冬日となった。

全国的に厳しい寒さは11日まで続く見込み。

10日の午前中までは、北日本の日本海側を中心に、大雪や吹雪となるおそれがある。