ジャイアンツWRベッカムが大腿四頭筋打撲でレッドスキンズ戦を欠場

©NFLJapan.com

ニューヨーク・ジャイアンツのオデル・ベッカム【AP Photo/John Bazemore】

ニューヨーク・ジャイアンツのスターレシーバーであるオデル・ベッカムがシーズン第14週の試合から除外された。理由は大腿四頭筋の打撲だという。現地8日(土)にチームが発表している。

今週、ベッカムは大きな問題を抱えることなく過ごしていたが、金曜日に制限付きの練習にとどめた後、土曜日も同様に限定メニューで調整に励んでいたといい、ジャイアンツによれば2日間の様子を見てベッカムの欠場を決めたという。

ジャイアンツはサンデーフットボールでワシントン・レッドスキンズと対戦する予定だ。

ジャイアンツはシーズン第13週終了時点でプレーオフ争いから完全に脱落したわけでないものの、最低でも残る試合を全勝しなければ可能性はなく、ポストシーズン進出のチャンスは限りなく少ない。

一方、6勝6敗のレッドスキンズはNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)東地区3位ながら、2位のフィラデルフィア・イーグルスと勝敗が同数であり、首位につけるダラス・カウボーイズとも1勝差にすぎない。

【C】