ケリー首席補佐官が年末辞任

トランプ大統領と関係冷却

©一般社団法人共同通信社

11月、ホワイトハウスでのケリー首席補佐官(右)とトランプ大統領=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は8日、最側近ポストである大統領首席補佐官のケリー氏(68)が年末に辞任すると記者団に明かした。トランプ氏との関係冷却化やボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら他のホワイトハウス高官との対立が伝えられていた。

 後任はペンス副大統領の首席補佐官ニック・エアーズ氏(36)が有力候補とされている。

 元軍高官のケリー氏はトランプ政権発足当初に国土安全保障長官を務め、昨年7月に大統領首席補佐官に就任。ホワイトハウスに厳しい規律を導入しようと努めたが、トランプ氏の言動は規制できなかった。