南野はアジアカップ得点王候補だ! AFCが”驚異の点取り屋10人”に選ぶ

©株式会社FACTORIES

期待される南野拓実 photo/Getty Images

来年1月よりUAEで行われるアジアカップ2019では、誰が主役となるのだろうか。AFC公式が注目しているのは、森保ジャパンでロケットスタートを切った日本代表FW南野拓実だ。

同サイトでは迫るアジアカップへ向けて注目選手をピックアップしているのだが、南野は「10人のベストゴールゲッター」なる企画で注目選手に挙げられている。つまりは、アジアカップ2019得点王候補の1人というわけだ。

前回大会で4得点を挙げ、ロシアワールドカップ・アジア最終予選では日本戦で2得点を記録したUAE代表FWアーメド・カリル、ロシアワールドカップ後に代表引退を表明したものの、10月に復帰したイラン代表FWサルダル・アズムン、ガンバ大阪を残留に導いた韓国代表FWファン・ウィジョ。

2014-15シーズンから3シーズン続けてサウジアラビアリーグで得点王に輝いた実績を持つシリア代表FWオマル・スマ、サンフレッチェ広島に所属するタイの英雄ティーラシン・デーンダー、今年1月に行われたU-23アジア選手権で6得点を挙げて得点王を獲得したカタール代表のアルモエズ・アリ。

彼らとともに紹介されたのが南野だ。同サイトは南野がヨーロッパリーグのローゼンボリ戦で決めたダイレクトボレーの動画も紹介しており、4-3で勝利したウルグアイ代表とのテストマッチでも得点を決めたことなどからアジアカップ2019の得点王候補と見ているようだ。

南野に限らず、中島翔哉、堂安律と森保ジャパンの2列目を任される3人は新生・日本代表の顔と言える存在だ。大迫勇也や吉田麻也はアジアではすでに知られた存在だが、堂安や南野はアジアカップ2019で本格的にアジアのサッカーファンに存在を知ってもらうことになるだろう。新生・日本代表の強さを印象付けるにはもってこいの場がアジアカップ2019となる。