伝統文化 バイリンガル 前橋 津久田人形芝居を英訳付きで楽しむ

©株式会社上毛新聞社

 2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、英訳付き人形芝居のワークショップと公演が8日、前橋市の県生涯学習センターで開かれ、外国人を含む150人が日本の伝統文化への理解を深めた=写真。

 津久田人形操作伝承委員会桜座(渋川市赤城町)によるワークショップは、メンバーが人形の操作方法などを解説した。実際に人形を動かした外国人は「意外と重い」「3人一組で動かすのはとても難しそう」などと興味を示していた。