3人制バスケU―18日本選手権 男子の桐生第一高が決勝Tへ

©株式会社上毛新聞社

桐生第一高―NAGASAKI LEO BLACKS(長崎) 相手のシュートを防ぐ桐一の松山=高崎アリーナ
高崎商高―Cagers(東京) ドリブルで切り込む高商の高林=高崎アリーナ

 バスケットボール3人制の「3×3」(スリーバイスリー)U―18日本選手権2日目は8日、群馬県の高崎アリーナで行われ、県勢は女子の高崎商高(H組)が予選3試合目を勝ち、男子の桐生第一高(H組)は予選残り2試合を連勝し、ともに3戦全勝の1位通過で決勝トーナメントに駒を進めた。大会最終日は9日、男女の決勝まで行う。

  【男子】▽予選リーグH組

 桐生第一高 21―11 スターキー(山梨)

 桐生第一高 21―9 NAGASAKI LEO BLACKS(長崎)

  【女子】▽予選リーグH組

 高崎商高 21―7 Cagers(東京)