歓喜の歌 高らかに響く 館林第九合唱団 群馬交響楽団と協演

©株式会社上毛新聞社

 群馬県の館林第九合唱団(野中嘉之会長)と群馬交響楽団による第九演奏会が8日、館林市文化会館大ホールで開かれ、約280人が演奏に乗せ「歓喜の歌」を高らかに歌い上げた=写真。

 指揮者に国内外で活躍する湯浅卓雄さん、ソリストに4人を招き、合唱団と館林一中2年生、館林二小6年生が登壇。ベートーベンの交響曲第九番の演奏と歌声に、聴衆は大きな拍手を送っていた。