やさしい日本語でニュース 外国人向けに西日本新聞が業界初

©株式会社西日本新聞社

新 移民時代特設ページへのQRコード

西日本新聞は、外国にルーツを持つ方などのため、日本語が苦手な人にも伝わりやすい「やさしい日本語」でニュースを配信する「みんなでつくる『やさしい西日本新聞』」を本紙ウェブサイトで始めました。人工知能(AI)による自動翻訳に加え、全国各地の日本語教師や定住外国人支援に取り組む方々、一般読者に協力を呼び掛けて本紙記事を「やさしい日本語」に翻訳し、順次公開する仕組みです。新聞業界で初の試みとなります。

外国人労働者との共生をテーマに2016年12月から本紙が展開してきたキャンペーン報道「新 移民時代」。その特設ページ内に掲載している全ての記事の下に翻訳欄を設けており、500字以内で誰でも自由に翻訳文を投稿することができます。

やさしい日本語は、平易な言葉で一文を短く書くことなどが特徴。このプロジェクトは、訪日外国人にも分かりやすい日本語の普及を目指す「やさしい日本語ツーリズム研究会」の協力を受けています。

日本語教師を目指す人も含め、幅広い層に参加してもらうことで、「やさしい日本語」の翻訳技術を向上させるだけでなく、日本で暮らす外国人との共生を考えるきっかけになれば幸いです。

=2018/12/09付 西日本新聞朝刊=