厳寒、英彦山に霧氷の輝き 八女では0.8度

©株式会社西日本新聞社

九州地方は8日、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、厳しい冷え込みとなった。福岡管区気象台によると、各地の最低気温(午後11時現在)は長崎県対馬市で氷点下0.7度▽福岡県八女市で0.8度▽北九州市八幡西区で3.7度▽福岡市博多区3.8度-などを観測した。

福岡県添田町の英彦山中岳山頂にある標高1188メートルの英彦山神宮上宮付近では午前10時半ごろ、氷点下7度を観測。ブナの枝は霧氷で真っ白になった。登山者はそろりそろりと凍り付いた石段を下りていた。

気象台によると、冷え込みは9日まで続くが、10日以降は次第に寒さが緩み、平年並みの見込み。寒暖差が大きくなるため、気象台は体調管理に注意を呼び掛けている。

=2018/12/09付 西日本新聞朝刊=