海面から ふわり? 別府湾で浮島現象【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

蜃気楼で浮かんで見える別府市街=8日午前9時、大分市春日浦

 8日朝、別府湾で島や船が海面から浮き上がって見える「浮島現象」が見られた。

 蜃気楼(しんきろう)の一種。海岸から沖の島を見たとき、浮かび上がって見える光学的現象。水面に近い気温が比較的高く、上層の空気が冷たいと起こる。

 大分市の大分港からは、別府市の海岸線や国東半島が上下対称に映り、一部が海面から浮かんで見えた。

 大分地方気象台によると、由布岳では今季の初冠雪を観測した。