<ベガルタ>矢島、古巣との対決心待ち「試合をやれるのは楽しみ」

©株式会社河北新報社

 さいたま市出身の矢島が古巣との対決を心待ちにしている。浦和には下部組織から所属し、トップチームで5年間プレーした。「みんなうまくて強いのは分かっている。試合をやれるのは楽しみ」。警戒するのは元日本代表の柏木。ポジションやプレースタイルが似ており、「勝負すればすごく嫌な選手」と言う。

 決勝は、尊敬する先輩に成長した姿を見せる格好の場だ。G大阪から今季途中に加入。けがを乗り越えて山形との準決勝でゴールを決めるなど活躍する。「頑張ることに関しては仙台の方が負けていない。自分たちがどれだけできるかに懸かっている」と気合十分だ。