“強い寒気”北日本中心に大雪 10日午前中まで要警戒

©株式会社フジテレビジョン

今季一番の強い寒気の影響で、8日から9日朝にかけて、北日本を中心に大雪に見舞われている。
10日の午前中まで、大雪や吹雪に警戒が必要となる。

東北の山沿いを中心に大雪となり、9日午前5時の積雪は青森県の酸ケ湯で105cmと、全国で今季最も多くなっている。

8日は、新潟市や石川・金沢市など、全国8カ所で初雪を観測。
さらに、9日朝も京都市や福井市などで初雪となった。

また、8日は、北海道の観測地点の全てで、最高気温が0度未満の真冬日となった。

9日朝も冷え込みが強まり、北海道の標茶町では最低気温が氷点下23度と、全国で今季一番の冷え込みとなっている。

全国的に厳しい寒さは、11日まで続く見込み。

上空に寒気が居座るため、日本海側を中心に10日の午前中まで、大雪や吹雪となるところがある。

交通機関の乱れなどに注意が必要となる。