紀平梨花、デビューシーズンV

フィギュア、日本勢で浅田以来

©一般社団法人共同通信社

GPファイナル初出場で優勝し、メダルを手に笑顔を見せる紀平梨花=バンクーバー(共同)

 【バンクーバー共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は8日、バンクーバーで行われ、女子は16歳の紀平梨花が6日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の150.61点をマークし、自己ベストの合計233.12点で初出場優勝を果たした。日本勢でGPデビューシーズンでの制覇は2005年の浅田真央以来の快挙となった。

 紀平は冒頭に組み込んだ大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が着氷で乱れ2回転半扱いとなったが、次に3回転半―2回転トーループを決めて立て直した。

 アリーナ・ザギトワは2位。坂本花織4位、宮原知子は6位に終わった。

GPファイナル初出場で優勝し、表彰式で笑顔を見せる紀平梨花。左は2位のアリーナ・ザギトワ=バンクーバー(共同)
フリーを終え笑顔の紀平梨花=8日、バンクーバー(ゲッティ=共同)