いせはら芸術花火 来年で見納めか 開催決定も継続は不透明

伊勢原市

©株式会社タウンニュース社

昨年の花火(実行委員会提供)

 第8回『いせはら芸術花火大会』の開催が来年5月25日(土)となる事が正式に決定した。同実行委員会(柏木貞俊実行委員長)では開催に向けて活動を開始。「市民の花火」と言われる所以は打ち上げから運営までの全てを地元企業や市民からの協賛金・募金で賄っていること。年々膨れ上がる運営費を前に大会は継続への岐路に立っている。

 2009年の第1回開催から10年間で7回、伊勢原の夜空に大輪の花を咲かせてきた『いせはら芸術花火大会』。年々規模も拡大し、今年4月の第7回大会には会場となる運動公園に2万人以上の来場者が訪れた。

 これまで「花火で子どもたちに夢と希望を与えたい」と市民有志が集まり、花火大会開催を支えてきた。費用面が厳しく打ち上がらない年もあるなか、ここ数年は毎年の開催を実現してきた。今後は会場となる運動公園の防火対策費をはじめ、来年度開通を予定する新東名高速道路が近くを通ることから、打ち上げ場所の問題などが山積みになっているという。柏木実行委員長は「第9回以降の開催は決まっていません。これで見納めになるかも。協賛金をはじめ、皆さまのご協力をお願いしたい」と話した。

人の力

 また大会を開催するうえで重要なのがボランティアスタッフの確保だ。大会実現までには、市消防や警察などの協力に加えて、当日の会場案内はもちろん、花火翌日の清掃・片付けまで、昨年は200人近くのボランティアスタッフが集まった。「例年より開催日が1カ月ほど後ろになり、より多くの来場者が見込まれます。安全対策をはじめ、より多くのボランティアの皆さまの力が必要です」と柏木実行委員長。

 実行委員会では今後、大会を手伝ってくれるボランティアを募集する。参加資格は20歳以上。ボランティアに関する問い合わせは【携帯電話】070・1184・0872まで。