優秀賞 仲間に報告 全国少年少女創造コンテスト

©株式会社北日本新聞社

 1日に都内で行われた「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」で、砺波市の小学生3人のチーム「チーム砺波UKFパワー」が優秀賞(銀メダル)を獲得した。3人は8日、砺波図書館で受賞を報告した。

 大会は、地元の魅力などを紹介しながら走る「からくりパフォーマンスカー」で競う。市少年少女発明クラブに所属する上田早紀奈さん(砺波東部6)、北井淳君(砺波東部5)、藤森一颯君(庄川4)の3人でチームをつくり、となみチューリップフェアや庄川水まつり、獅子舞などをテーマにした「となみ野のまつり」で出場した。同クラブからは5年連続の出場で、初めての優秀賞となる。

 この日、図書館でクラブの活動があり、3人は結果を報告。作品の仕組みを紹介して実際に動かした。3人は「みんなで意見を出し合い、団結できたのが良かった。うれしい」などと話した。