冬の行事に氷の彫刻 高岡冷蔵 ツリーや門松を発売

©株式会社北日本新聞社

 製氷・冷蔵冷凍保管の高岡冷蔵(高岡市下黒田、荻布宗一社長)は、氷の需要が減る冬場の閑散期を生かし、氷の彫刻の販売を始めた。ライトアップする照明もオプションで付け、企業や個人のクリスマスパーティー、新年会などを華やかに彩ってもらう。

 (高岡支社編集部・荒瀬洋介) 高岡冷蔵は創業100年の老舗。農産物を冷やしたり、水産物を冷凍保存したりして保管する倉庫業と、鮮魚を冷やすのに欠かせない氷も製造・販売している。

 夏場はかき氷や飲み物を冷やすために氷の需要は高まるが、冬場は鮮魚用などに限られるため需要が少ない。クリスマスや忘年会、新年会、バレンタインデーなど冬のイベントに合わせ、パーティー会場などで氷のアートを楽しんでもらおうと、今年初めて彫刻の販売を企画した。

 彫刻は、クリスマス用にツリーとリース、正月用に門松を用意した。リースとツリーはそれぞれ大(高さ約1メートル)と小(同60センチ)が選べ、価格は大が2万円、小が1万円(いずれも税別)。希望者には、音に反応して色が変わる照明(大5千円、小3千円)を付け、受け皿と一緒に貸し出す。配送も行う。

 荻布社長は「きらびやかに光る氷の彫刻でパーティー会場を彩り、冬でも氷を楽しんでほしい」と話している。

 同社のホームページやフェイスブック、インスタグラムでも情報を見られる。問い合わせは同社、0766(21)2450。