キラキラ光の世界 大野町で電飾コンクール

©株式会社岐阜新聞社

 色とりどりの光が冬の岐阜県大野町を温かく照らす恒例の「冬の電飾コンクール」が同町黒野の町総合町民センターをメイン会場に町内各所で開かれている。住宅や事業所などが発光ダイオード(LED)を使ったカラフルなイルミネーションで彩られ、町民らを楽しませている。25日まで。

 同センター主催、岐阜新聞社、岐阜放送後援。華やかな光のアートでまちに活気を与えようと、町内の企業や団体、住民が参加して毎年行っている。

 メイン会場には、地元商工会や子ども会など13団体が光のアーチやツリー、雪だるまなど趣向を凝らした作品を展示。近くの黒野駅レールパークでは、線路や電車もキラキラと輝き、子どもたちを喜ばせている。8日には、同センターで岐阜聖徳学園大ウインドアンサンブルによるコンサートも開催。クリスマスソングなどを披露してムードを盛り上げた。

 メイン以外の8会場は同センターで配布している地図で場所を確認できるほか、同センターに設置した投票箱で人気投票も受け付ける。優秀作品の表彰は来年1月下旬。

 電飾の点灯時間は午後5~9時。問い合わせは同センター、電話0585(32)1111。

黒野駅レールパークには光る電車も出現、地域の子どもらの人気を集めている=大野町黒野
クリスマスソングなどを演奏して来場者を楽しませた岐阜聖徳学園大ウインドアンサンブルのコンサート=同、町総合町民センター
幻想的な雰囲気を醸し出す色とりどりの電飾=同、町総合町民センター