さわや書店、青森駅ビルに 9日出店、誘客拠点へ期待

©株式会社岩手日報社

さわや書店ラビナ店の完成イメージ図(さわや書店提供)

 盛岡市のさわや書店(赤沢桂一郎社長)は9日、青森市の青森駅ビル・ラビナに出店する。駅周辺は、市役所や観光スポットの集約など再開発が進む。同社は本の魅力や地方文化の発信力で知られ、市街地活性化の目玉の一つとみるラビナ側の出店依頼に応えた。

 「さわや書店ラビナ店」として、駅ビル4階の約750平方メートルに出店する。大手書店チェーンが9月末に撤退し、駅ビルを経営するJR東日本青森商業開発(大内卓社長)が、さわやに出店依頼した。地方から文化を発信するユニークなスタイルに着目し、誘客拠点として期待する。新店では、撤退した店の元従業員も雇う。