巨人のプロテクト28人を独自予想 丸流出の広島は“一岡2世”発掘なるか?

©株式会社Creative2

来季から指揮を執る巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

イースタン4連覇中の巨人2軍は人材の宝庫、大物が外れる可能性も

 広島から国内フリーエージェント権を行使した丸佳浩外野手は、巨人への移籍が決まった。巨人にとっては待望の強打の外野手の加入となるが、次に注目されるのが、広島が巨人から獲得することになるであろう人的補償の選手だ。

 FA選手の獲得で生じる補償は旧所属球団の年俸ランクによって違い、外国人を除く上位1~3位がA、4~10位がB、11位以下はCランク。今季年俸2億1000万円(推定)だった丸はAランクとみられ、人的補償や金銭補償が発生する。補償の対象となる選手はFA宣言選手の契約締結がコミッショナーから公示された日から2週間以内に巨人から広島へ提示される。

 移籍先球団は28人までプロテクトをかけることができるが、若手有望株などがこのリストから漏れ、人的補償として新天地に移る例も多い。巨人2軍はイースタン・リーグを4連覇中。人材が揃っているだけに、広島が人的補償を要求する可能性は極めて高い。今季の活躍や将来性、球団の生え抜きなどを総合し、プロテクト28人を予想してみよう。

【投手】(13人)
菅野、田口、内海、今村、山口、野上、高田、大江、澤村、宮國、畠、鍬原、桜井
【捕手】(4人)
阿部、小林、大城、宇佐見
【内野手】(5人)
坂本、岡本、吉川尚、田中俊、山本泰
【外野手】(6人)
長野、陽岱鋼、亀井、重信、松原、和田恋

 まずは投手を13人選んだ。2年連続で沢村賞を受賞したエース菅野や復活が期待される田口と畠、若手で成長の著しい今村、高田、大江らはプロテクトされるだろう。FAで獲得した山口、野上、生え抜きの内海らも欠かせない戦力となる。

 捕手では来季から捕手として復帰する大黒柱・阿部、今季1軍で出場の多かった小林、大城、宇佐見を選んだ。内野手はキャプテンの坂本、史上最年少22歳で打率3割30本塁打100打点を達成した岡本に加え、吉川尚、田中俊は今季の活躍を見れば確実だ。

 外野手では長野、陽岱鋼、亀井、重信をはじめ、イースタンでリーグトップの打率.316、134安打、リーグ2位の24盗塁を記録した松原、18本塁打、87打点でイースタン2冠王に輝いた和田恋はプロテクト入りが有力視される。

 巨人が13年オフに大竹寛投手を広島からFAで獲得した際には一岡竜司投手が流出。一岡は翌14年から中継ぎとして頭角を現し、今季は59試合登板し、5勝6敗2セーブ、18ホールド、防御率2.88をマーク。広島のリーグ3連覇に貢献した。

 補償の対象となる選手はFA宣言選手の契約締結が公示された日から2週間以内に巨人から提示される。巨人からの人的補償として広島入りして大活躍する“一岡2世”が生まれるのか。広島がどのような決断を下すかに注目が集まる。(Full-Count編集部)