大手住宅メーカーの新築一戸建てが1千万円台!購入は来年3月までが狙い目!

©株式会社サイゾー

「Gettyimages」より

 2018年10月中旬、安倍晋三首相は来年10月からの消費税引き上げを正式に宣言、いよいよ増税に向けた動きが本格化しています。増税前の駆込み需要、増税後の反動減の抑制、平準化を図るための施策の検討が進められているのです。

 そんな動きに反するかのように、住宅業界では増税前の駆け込み需要を刈り取るための大手住宅メーカー系列の低価格商品が登場、大手品質の住まいを破格の予算で手に入れるチャンスが広がっています。

●注文住宅の税率8%は来年3月末までが期限に

 消費税の税率は引き渡し日の税率が適用されますが、住宅については建築請負契約から引き渡しまでに一定の月日がかかることを考慮して、経過措置が適用されます。

 図表1をご覧ください。増税の施行日は2019年10月1日ですが、それ以前の同3月31日までに建築請負契約を締結していれば、引き渡しが同10月1日以降になっても税率は8%のままですむことになっているのです。ですから、注文住宅の建築を考えている人にとっては、実質的には来年の3月末が税率8%で建てられる期限ということになります。そこに向けて、年末から年始にかけて、住宅業界では駆け込み需要を狙った販売競争が激しくなるとみられています。

 そのなかで注目されているのが、経過措置期限に向けての価格引き下げ競争です。通常、価格引き下げ競争は中堅以下のメーカーが主役ですが、今回は大手メーカーも積極的に競争に参加しているので、大手品質の住まいを破格の値段で手に入れるチャンスかもしれません。

●大手メーカーの1棟単価の平均は3000万円台

 注文住宅の世界では、大手と中堅以下の価格には大きな格差があります。図表2でもわかるように、大手のなかでも三井ホーム、住友林業は建築面積3.3平方メートル当たりの坪単価が90万円を超えています。トップの三井ホームは延床面積が比較的広いこともあって、1棟単価の平均が3954万円に達しているのです。その後、2017年度の決算によると三井ホームの1棟単価は4020万円と、ついに4000万円台に乗せました。

 三井ホームに次いで住友林業も坪単価90万円台で、以下、積水ハウス、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)などは80万円台になっています。1棟単価をみてもミサワホームの2712万円を除いて、すべて3000万円台です。

 それに対して、タマホームを中心とする中堅の注文住宅は、大手の半値以下の予算をセールスポイントにしています。本体だけだと坪50万円以下は当たり前で、1棟の平均価格も1000万円台から2000万円前後が主力になっています。

 消費税増税前の経過措置期限に合わせて、中堅以下のメーカーはこの安さを前面に打ち出して一斉に販売攻勢をかけてくることになりますが、大手メーカーとしてもそれを指をくわえてみているわけにはいきません。

●三菱地所ホームが1430万円台からの注文住宅

 三菱地所グループの注文住宅やリフォーム、リノベーション分野を担当する三菱地所ホームは、大手系列の2×4メーカーらしく、坪単価の平均は70万円台から80万円台といわれています。

 特に、全館空調システムの「エアロテック」で知られ、三菱地所レジデンスが手がける新築マンションや建売住宅などに採用され、リノベーション事業でも「エアロテック」が他社との差別化要因になっています。

 その「エアロテック」の設置、従来は大型住宅が中心でしたが、このほど「エアロテックFit」として一次取得者向けの比較的コンパクトな住宅向けの新商品を発売、それに合わせて19年3月31日までのキャンペーン商品として、「SMART ORDER Fit SELECTION」を発売しました。

 税別の本体価格は定額制を採用、延床面積24.04坪が1430万円、32.56坪が1610万円となっています。坪単価にすれば49.45万円から59.5万円ですから、大手系列としては破格の安さといっていいでしょう。それでいて20種類のベーシックフレームをもとにライフスタイルに合ったプランニングを行うことができます。

 もちろん、「エアロテックFit」は標準搭載で、三菱地所ホームの耐震性・耐火性・耐久性などの基本性能が確保されています。また、長期50年保証の「ロングサポート50」が付いているのも大手系列ならではです。

●積水ハウスグループの積和建設は坪55万円から

 積水ハウスの注文住宅の施工を担当している積和建設グループ。全国に18社あり、積水ハウスの施工で培ってきた施工品質を強みに、木造軸組構法による一戸建て住宅「積和の木の家」の新築事業を展開しています。

 このほど全国18社がそれぞれに取り組んできた商品の調達、物流などを全国で一本化、コストパフォーマンスを高めた新商品「PARTAGE(パルタージュ)」を開発、主に30代、40代の共働き世帯をターゲットに販売を開始しました。

 税別の本体価格は一坪55万円から。30坪(約99平方メートル)なら1650万円、35坪(約115.5平方メートル)なら1925万円と2000万円を切り、40坪でも2200万円です。積水ハウス本体ならこの価格帯はなかなか実現できませんが、グループ会社であるからこそ可能になった価格といっていいでしょう。

 積和建設グループ18社と、全国に展開する約7000社の工事店組織「積水ハウス会」が実際には積水ハウスの住宅を建設してきました。その18社が総力を挙げた新商品ですから、積水ハウスの大手としての品質が確保されています。

 標準仕様で住宅性能表示制度の最高等級の耐震等級3、断熱等性能等級4に適合、省令準耐火構造で火災に強く、長期優良住宅やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にも対応可能で、有償での保証延長プランに加入すれば、20年保証がつきます。住宅品確法の保証期間は10年ですから、その2倍の保証期間になります。

●規格型や在来工法の商品を安く販売するケースも

 このほか、大手住宅メーカーのなかには主力商品との差別化によって価格を安くした商品を提供しているケースもあります。

 たとえば、トヨタホームの「LQ(エルキュー)」は、「トヨタホームならではの高いクオリティ・技術力・デザインで1600万円台より」がキャッチフレーズの、同社としてはたいへんリーズナブルな価格設定になっています。一定のプランをベースにニーズに合わせてアレンジしていく規格型商品であるため、フリープランの注文住宅に比べて価格を低く抑えられるそうです。

 ブランド名の「LQ(エルキュー)」はlife style+qualityの組み合わせで、品質は大手品質。定期的な点検、適切なメンテナンスを前提に、60年保証の「アトリスプラン」を実施しています。また、ミサワホームの「MJウッド」は、主力の大型パネルによるプレハブ工法である「木質パネル接着工法」ではなく、わが国伝統の木造軸組工法による商品ですが、ミサワホームの最先端のテクノロジーを組み合わせることで、地震に強い耐震木造住宅を実現しています。

 木質パネル接着工法による商品の多くが坪60万円台から70万円台といわれるなか、この「MJウッド」は、坪50万円台から可能です。広さなどによっては建築費を2000万円以下に抑えることができそうです。それでいて、大手メーカーの商品として竣工後10年目などの点検やメンテナンスを前提に、長期30年保証制度を実施しています。これも大手品質の証明といっていいでしょう。

●経過措置期限に向けてさらなる商品展開の可能性も

 大手住宅メーカーの主力商品は坪80万円台、90万円台が当たり前ですが、大手の技術力を持った系列企業の商品に目を向ける、大手メーカーでも主力商品以外に目を向ける――などによって、50万円台、60万円台の破格の商品が見つかります。

 14年の消費増税前の駆込み需要に比べると、今回はその盛り上がりに欠けるといわれるだけに、これからも、19年3月末の消費税増税の経過措置期限に向けて、キャンペーン商品などとして破格の価格帯の商品が登場する可能性があります。

 大手品質の注文住宅の建築を考えているけれど、予算面でちょっと――という人はぜひ注目しておきたいところです。
(文=山下和之/住宅ジャーナリスト)