過去最大の輸出に日中観光客増加!韓国、経常黒字が80カ月連続を記録

©株式会社 Record China

2018年12月6日、韓国・聯合ニュースは「過去最大の輸出で弾み…経常収支、80カ月連続で黒字行進」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国銀行が6日発表した「2018年10月の国際収支(暫定)」で、10月の経常収支は91億9000万ドル(約1兆385億円)の黒字となった。2012年3月から80カ月連続の黒字となる。黒字の規模は前月(108億3000万ドル)より縮小したが、昨年同月(57億2000万ドル)より大きいという。

商品収支(貿易収支に相当)は110億ドルの黒字で、石油製品や機械類の好調を追い風に、輸出は前年同月比28.8%増の572億4000万ドルで過去最大を記録した。秋夕(チュソク…旧暦のお盆)の連休による店の営業日数が昨年に比べて増えたことなども影響しているという。

一方、サービス収支は22億2000万ドルの赤字となった。しかし赤字幅は前月(25億2000万ドル)および昨年同月(35億3000万ドル)より縮小しており、記事は「これまでサービス収支の赤字拡大の最大要因だった旅行収支が改善した影響が大きい」と伝えている。

旅行収支は9億5000万ドルの赤字で、2016年11月(7億5000万ドル)以来1年11カ月ぶりの低水準となった。中国人や日本人を中心に訪韓外国人が増加した一方で、韓国人の出国者数の増加が鈍化したためとみられている。

給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は9億6000万ドルの黒字、経常移転収支(第2次所得収支)は5億4000万ドルの赤字だった。

これを受け、韓国のネット上では「いい知らせ。来年も黒字が続きますように!」「韓国の経済はしっかりしてていい!」と喜びの声が上がる一方で、「輸出最大?それなのになんで成長率は下落予想で、全ての経済指標は悪化、国民の生活も悪化しているの?情報操作もほどほどにして。短期バイトを就職者数に入れる国の統計など信じられない」「国民をだまさないで。どうか国の経済を何とかして。文在寅(ムン・ジェイン)政府のせいで死にそう」「もうすぐ赤字のニュースが出るだろう。これ以上、今の政府に期待はできない。北朝鮮ばかりに目を向けていて、このままじゃ来年はさらに庶民を苦しめる政策を行うことだろう」など冷ややかなコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)