ルミナリエ期間中 周辺商店、土日限定で路上ブース

©株式会社神戸新聞社

路上で繰り広げられたミュージカル=神戸市中央区三宮町3

 光のイベント「神戸ルミナリエ」(16日まで)の開催に合わせて、会場の周辺の商店主らが雑貨や食品を販売する「KOBE HAPPYHOLIDAYS MARKET(コウベハッピーホリデイズマーケット)」が8日、大丸神戸店北側(神戸市中央区)の路上で始まった。来場した人たちは神戸のオリジナル商品を購入したり、路上ステージを楽しんだりしていた。(石川 翠)

 ルミナリエ期間中、会場周辺の商店は、混雑を嫌う地元客に敬遠されたり、順路の設定で観光客が来店しにくくなったりする。年末にも関わらず普段より売り上げが下がる商店が多いことから、今年初めて三宮や元町の商店街、南京町の若手商店主ら約20人が実行委員会を結成。期間中の土日に商品の路上販売をすることを決めた。

 会場はルミナリエの順路ではない道路を活用。キッチンカーを含む12ブースがあり、元町商店街は神戸タータンを使用した小物などを並べ、三宮センター街は各店の自慢の商品を出品。2階建てバスの車内でラテアートを楽しめるカフェやスイーツの販売もあった。

 午後4時半から行われたオープニングセレモニーでは、路上でミュージカルが披露され、会場を盛り上げた。9日以降もアカペラやダンスなどがある。

 東京都から訪れた女性(51)と母親(83)は神戸ワインのホットワインを購入。「ルミナリエだけでなく、雰囲気を楽しめる場所があってうれしい」と話していた。

 開催は9、15、16日の午後4時ごろから、同8時(15日は同8時半)まで。実行委TEL078・391・3757(月木金のみ)