沖縄は暖かいゾ~~~ 2頭が越冬 子らも大喜び

©株式会社沖縄タイムス社

 【沖縄】沖縄こどもの国で8日、越冬のため福島県の東北サファリパークから来た2頭のアジアゾウがお披露目された。いずれもラオス出身の雌でトンサイ(32)とブントーン(22)。6日に到着。長旅の疲れも見せずに大勢の子どもたちの前で鼻を上げたり、下げたりと愛嬌(あいきょう)を見せた。

 2頭の越冬は5回目。来年3月中旬まで沖縄こどもの国にいる予定。ゾウの調子と天候が悪くなければ、午前中は背中に乗る体験、午後1時半からは餌やりが有料でできる。

 お披露目式には今帰仁村の保育園から親子遠足の一行が参加した。クイズもあり、子どもたちはゾウの知識を深めた。

 なかなか正解が出なかったゾウの種類を「アジアゾウ」と答えたのはゾウ好きの平良琉陽ちゃん(5)=今帰仁村。景品の餌やりチケットを手に「うれしかった」とはにかんだ。

 

 

越冬のため福島県から来たアジアゾウのブントーン(手前)とトンサイ(奥)に餌をあげる子どもたち=8日、沖縄市・沖縄こどもの国