JR東白石駅で通路横断中の女性 列車四季島にはねられ死亡

©株式会社河北新報社

 8日午後3時40分ごろ、白石市のJR東北線東白石駅で、宮城県大河原町の無職女性(73)が寝台列車「トランスイート四季島」(10両編成)にはねられ死亡した。白石署によると、女性は構内で上下線のホームをつなぐ線路上の通路を横断中、仙台方面に向かう列車と接触したとみられる。

 JR東日本仙台支社によると事故のため東北線の上下4本が運休、上下5本が最大75分遅れ、約1500人に影響した。四季島は午後4時50分に運転を再開した。