<B2仙台>島根に敗れ暫定2位

©株式会社河北新報社

 8日、島根県立浜山体育館カミアリーナなどで試合があり、東地区の仙台は西地区の島根に66-81で敗れた。通算成績15勝5敗で茨城と並んだが、得失点差で暫定2位。

 4位の山形は西地区の愛媛に89-102で敗れ、通算9勝11敗。5位の福島は中地区のFE名古屋を79-70で破り3連勝、通算8勝12敗とした。最下位の青森は3位群馬に57-75で大敗した。通算成績は6勝14敗。

 9日は東北勢4チームは同じ会場で同じ相手と対戦する。

島根(13勝7敗) 81 22-14 66 仙台(15勝5敗)

             18-19

             23-25

             18-8 ▽観衆 1872人(島根)

<点を取られ過ぎた/仙台・桶谷大監督の話>

 攻守の切り替えでやられている場面が多く、点を取られ過ぎ、流れをつかめなかった。ルーズボールを取って何とかしてやろうという気持ちが足りない。ディフェンスで個々の役割ができていない。選手を成長させられなかったのは僕の責任。