小田、男子エペ5位 全日本フェンシング

©株式会社岐阜新聞社

 フェンシングの全日本選手権個人戦第3日は8日、東京・駒沢体育館で男子エペ、女子サーブルの準決勝までを行い、男子エペの小田康平(朝日大)、女子サーブルの田村紀佳(旭興業、朝日大出)がともに5位だった。

 小田は2回戦、3回戦ともに接戦をものにして勝ち進んだが、準々決勝では安雅人(早大)に12―15で競り負けた。1番シードの田村は、3回戦で山村直緖(朝日大)を15―2と圧倒したが、準々決勝では向江彩伽(中大)に12―15で屈した。

 最終日は9日、東京グローブ座で男女6種目の決勝のみを行う。県勢では、女子エペの山田里衣(なとり、大垣南高出)が初優勝を目指す。